キャッシングと総量規制の関係

キャッシングを利用する時は、総量規制に注意しなければいけません。これは利用者が消費者金融からお金を借りる場合、年収の3分の1までしか借りられないという規則です。しかも1社あたりではなく各社からの借り入れ合計が年収の3分の1となっているので注意しなければいけません。

つまり、年収300万円の人であれば、100万円までは借りる事が出来るという事になります。その代わり、専業主婦など無職の人は既に収入がないので、基本的には借りる事は出来ません。どうしても消費者金融から借りたい時は配偶者に許可を得れば借りられる場合もありますが、その時も配偶者の年収の3分の1までとなっています。

また既に配偶者が他社で借入れをしている場合は、その金額と合計して計算する事になるので、夫婦そろって沢山お金を借りる事は出来ません。ただ総量規制自体は消費者金融に関係している物であり、銀行系の金融機関には関係していません。

これはそれぞれを管理している法律が違うからです。だから銀行系を利用すればそれ以上の借り入れも可能だし、専業主婦も借入は可能です。しかし無職の場合はそもそも限度額が30万円とかの少額となってしまうので注意しましょう。

キャッシングの返済について

キャッシングで返済遅延をしてしまった場合は?まず、自分の収入と支出を明確にすることから始めましょう。あなたの収入はいくら?まずは現在位置を自覚する事から始めましょう。

自分に使えるお金はいくらなのか。生活するのに必要なお金は?必ず必要なお金、例えば食費、水道、ガス、電気、を見直す事から始めなければなりません。仕事に必要なお金はいくらなのか。最低限必要な交際費は?こう考えて行くと家計簿をつけることが最も近道になります。

まずは1ヶ月。2ヶ月、3ヶ月と続けてみることです。そうすればだんだん自分の現在位置がみえてきます。自分に見合った生活を送っていないが故に現在の状況にいたっているという自覚を持つ事が大切です。

自分の生活に最低限必要なモノが何かを明確にすることで、今の悩みやストレスは解消されていきます。細かい買い物等をを一つ一つ家計簿に反映させていくのは確かに面倒くさいですね。だからこそ家計簿に気付いた出費だけ記入する事を始める事が大切です。

そして継続する事。長い人生の中でこの一年を我慢すれば、今と全く違った幸せな日々が待っています。そして、あなたにはまだ、可能性という名の道が無数に開かれている。始める時は今です。

そして、やるべき事はもうわかっている。5年後、10年後に今とは比べものにならないあなたの笑顔を期待しています。現在位置を自覚する。家計簿を継続する。それから始めてください。